<del id="ydbda"><small id="ydbda"><optgroup id="ydbda"></optgroup></small></del>
    1. <th id="ydbda"><video id="ydbda"><span id="ydbda"></span></video></th>
    2. <nav id="ydbda"><video id="ydbda"><span id="ydbda"></span></video></nav>

            財務データマートのソリューション

            ソリューションの背景


            インターネット経済の時代の到來によって、國內の銀行業の外部経営環境が激変し、內部管理においても大きな変革が生じました。精密化管理と価値の持続的な成長が商業銀行にとって一番の切実な需要となっています。精密化管理には、管理會計、業績管理、予算管理、定価管理、資産負債管理などの一般的な財務アプリのサポートが必要です。

            財務データマートは財務分析、予算管理、審査評価、意思決定をサポートするすべての銀行共通の開放的なデータ?プラットフォームに位置付けられています。商業銀行の口座レベル、借用証書レベル、クライアントレベルの規模データ、収益データ、リスクデータ、取引データと科目のまとめたデータを統合し、多段階、多角度の財務分析データを生成し、製品、クライアント、機構、部門などの視點から、銀行の発展能力、営利性、リスク水準などを全面的に分析し、銀行経営の意思決定、資源配置、資本管理、業績審査、資産負債管理などに対して全面的で、より深く、より詳細なデータを提供します。また、データ展示プラットフォームを提供し、銀行の多元化、多面的な分析ニーズを満たします。


            ソリューションの內容


            財務データマートはすべての銀行のデータ倉庫を基にし、各データマートのデータを統合し、財務情報の統一管理と関連システムのデータサービス機能のサポートを実現し、データ統計からデータ分析までの強力な技術サポートを提供します。異なる階級の管理者、業務管理員と分析員に操作が簡単で、機能が完備し、分析手段が柔軟で、応答速度が速い図形インターフェースを提供し、商業銀行の財務分析、経営管理の意思決定サポートの統一的なポータルを形成します。


            ソリューションの価値


            財務データマートは各部門に統一のデータ基礎、統一の業務論理、統一の業務仕様定義、統一のビュー、マルチディメンションのデータ情報プラットフォームを提供することを目的としています。財務データマートを完成した後、商業銀行に以下の価値をもたらします。

            すべての銀行のデータシステムの完備を推進し、全行の視點に基づく財務データの統合を実現します。

            全行レベルに基づく製品、クライアント、チャネルなどの次元の規模、利益、リスク、取引データの統合加工を実現し、製品、クライアント、クレジットカード、チャネル分析をサポートする財務データマートを構築し、全行の視點に基づくデータの統合を実現します。

            全行統一ビュー業務仕様及びデータ標準を制定し、マルチディメンションの業務分析をサポートします。

            財務データマートの定義は各業務の製品のディメンションをカバーし、規模、利益、リスク、取引の各角度からの製品分析を実現します。全行レベルのクライアントの貢獻度の計算を実現し、公営、小売(クレジットカード)に対するクライアントの分析を完成します。銀行がクライアントの発展要求に応じ、重點クライアントの類別分析を実現します。例えば、モデル化されたクライアント、中小微小のクライアント、決済クライアント、グリーンクライアントなどがあります。各チャネルの取引、収入、クライアントの分析に基づき、電子化率の計算を実現し、全行全體のマルチチャネル管理の意思決定要求をサポートします。財務分析、経営管理方策決定に必要な指標仕様とディメンションを整理、定義し、指標仕様の標準化を促進します。

            各業務の発展をサポートするため、良好な技術プラットフォームを提供します。

            財務データマートを統一、開放的なのプラットフォームとして、各業務部門と総店支店に提供し、資源の使用率を最大限に高め、重複の投資を減らして回避することができます。


            為了更好的體驗,請使用豎屏瀏覽