<del id="ydbda"><small id="ydbda"><optgroup id="ydbda"></optgroup></small></del>
    1. <th id="ydbda"><video id="ydbda"><span id="ydbda"></span></video></th>
    2. <nav id="ydbda"><video id="ydbda"><span id="ydbda"></span></video></nav>

            管理センターアプリソリューション

            ソリューションの背景


            銀行のアプリシステムは既に大量なアプリ基礎データを作りました。これらのデータをどのように加工し、銀行の経営管理の需要を満たすKPIと報告書を形成し、最終的には銀行の意思決定層により正確かつタイムリーな管理情報を提供することが、緊急な課題となっています。

            銀行管理操縦室ソリューションは、ビジネス知能アプリ?プラットフォームに基づき、指標管理、指標表示、指標分析、さらに指標高級計量機能を実現し、上級管理層に可視化された組織業績の全貌を提供します。管理操縦室は、すべての管理と経営情報の結果を、計器パネル、表示ランプ、図形、レポート、報告などの方式で、適時、直感的、洗練にを管理者に展示し、管理者に操縦室を提供し、上級管理の情報化を実現します。


            ソリューションの內容


            銀行管理操縦室ソリューションは、ビジネス知能アプリ?プラットフォームに基づき、指標管理、指標表示、指標分析、さらに指標高級計量機能を実現し、上級管理層に視覚化された組織業績の全貌を提供します。

            銀行管理操縦室は銀行KPIシステムのアプリパックを含んでいます。銀行管理操縦室の核心価値は、上級戦略の意思決定を構築して統計の指標構成をサポートすることです。主に経営指標、例えば業務規模、収益、リスク、市場規模の指標などに対し、計器パネルの技術を利用し、総合的に現狀と目標の完成の進度を展示し、現在の経営指標が均衡に発展しているかどうか、市場規模が良好に発展しているかどうかを理解することに役に立ちます。

            銀行管理操縦室は、全行の総合的指標システムを構築し、基本指標、分析指標、監督管理指標などの多方面から銀行の上級管理層に、企業全體の見通しと策略を一連の相互依存の業績測定指標に転換することに役に立ちます。この上で、銀行の意思決定層の管理需要を満たし、総合的、全面的、便利で直観的に業務の経営狀況を表示し、歴史趨勢の分析、機構の縦方向の比較、同業の橫方向の比較、予算の執行狀態の多方面を通じて経営狀況を表示します。

            銀行管理操縦室はポイントの指標の多角度(リスク警報、趨勢分析、ランキング分析、構造分析、関連性分析、比較分析、計畫モニタリング、総合分析)、多様化(、円グラフ、柱狀グラフ、折れ線グラフ)、柔軟性(定義可能な表示方式、表示角度)を実現することができます。


            ソリューションの価値


            管理操縦室の業務価値は:

            1.意思決定層の情報取得のチャネル

            銀行內の業務規模、収益、リスク、市場規模の指標に対して、現狀と目標の完成進度を総合的に展示し、現在の業務経営KPIが均衡に発展しているかどうか、市場規模が良好に発展しているかどうかを確認することができます。

            データ?プラットフォームを頼りにし、多手段でKPI指標データを収集します。

            履歴情報を蓄積し、情報取得の完全性を確保します。

            多様な分析手段で、指標情報の収益を最大化します。

            2.業務部門の分析業務の補助手段

            統一のKPI情報を発表し、指標データが異なる業務部門での交換の回數を減らします。

            KPI指標のデータの時効性を高め、部門分析の仕事をサポートします。

            3.KPI指標の維持方法を確立し、全行KPI指標システムの改善と規範化し、上級戦略意思決定の統計指標構成を構築します。

            指標の拡張方向を確定します。

            KPI指標の維持管理方法を確立します。


            為了更好的體驗,請使用豎屏瀏覽