<del id="ydbda"><small id="ydbda"><optgroup id="ydbda"></optgroup></small></del>
    1. <th id="ydbda"><video id="ydbda"><span id="ydbda"></span></video></th>
    2. <nav id="ydbda"><video id="ydbda"><span id="ydbda"></span></video></nav>

            北京大興國際空港(PKX)スマートデータセンターを建設し、グローバルな空港ベンチマークの構築を支援

            顧客背景

            北京大興國際空港は、中國重要な戦略プロジェクト及び首都における重要なシンボルプロジェクトであり、首都空港グループがワールドクラス空港管理グループ、ワールドクラス「デュアルハブ」、およびワールドクラス空港クラスターを構築する過程において戦略的なプロジェクトである。大興國際空港は新時代のレベルを象徴しており、スマートデータセンターは、大興國際空港がスマート空港を構築、グローバルな空港ベンチマークを構築するための重要な成功要因です。


            プロジェクトチャレンジ

            • 中國重要な戦略プロジェクト、品質要求が最高である

            • カウントダウンプロジェクトで、時間がきつい、任務が重い、周期が短い

            • 情報化システムは同時に構築され、中國內の先例がない

            • データ管理が同時に行われ、データ収集が困難

            • 高度なコラボレーション要求、複雑で並行したサブプロジェクト管理


            プロジェクト業績

            • 業界を超えた成熟したビッグデータ構築方法論と空港業界のビジネスの蓄積およびデータモデル機能により、「Airport 3.0 Smart Airport」の主要な構築を完成し、重要な中國戦略プロジェクトを効率的にサポートする;

            • 複數の技術およびプロジェクト管理の課題に直面し、スケジュールどおりにスマートデータセンターの構築を完成し、中國および世界空港デジタル化とデータセンター知能化ベンチマークを設立しました。


            プロジェクトハイライト

            • データウェアハウス、インテリジェントデータベース、ビッグデータ分析処理プラットフォーム、および分散コンピューティングストレージプラットフォームに基づいて、ビジネス分野別データを統合することにより、フライトの生産効率、旅客サービスの品質、安全性保証レベル、および商品価値の向上に関する技術サポートを提供し、ビジネス知能応用の持続的発展と科學的な方策決定能力の向上を促進します;

            • 「全體計畫、段階的実施、先易後困難、小歩快速」と「価値/主要な問題」優先の原則で、大興空港の実際狀況に基づく、科學的計畫、秩序よく実施する;

            • 空港データセンターと各ビジネスシステムを同時に構築する業界で前例がないという事実を考慮して、新た空港スマートセンターを構築するための「グリーンフィールド方法」が革新され、プラットフォーム、標準、組織保障の3つ要素が組み合わせ、同期に構築し、工事効果を確保しながら工事期間を大幅に短縮した;

            • ビッグデータ、複雑なイベント処理、人工知能、データ資産管理、およびデータ視覚化などテクノロジーの統合により、大興が「4タイプの空港」を構築するための強固なデータ知能基盤が築かれました。


            為了更好的體驗,請使用豎屏瀏覽