<del id="ydbda"><small id="ydbda"><optgroup id="ydbda"></optgroup></small></del>
    1. <th id="ydbda"><video id="ydbda"><span id="ydbda"></span></video></th>
    2. <nav id="ydbda"><video id="ydbda"><span id="ydbda"></span></video></nav>

            電信業界におけるHB(課金)サービスのエンドツーエンドデリバリー

            顧客背景

            顧客は通信科學技術會社で、ICT分野に焦點を當てた世界トップの情報と通信技術(ICT)ソリューションサプライヤーである。

            顧客は電信會社が北京、江西省、陝西省の3省の課金版のプロバイダーとして、サービスのコストは年々上昇し、電信の投資は限られ、訴求が高まっているという背景には、投資を削減せざるを得ず、顧客満足度が影響を受けています。

            2016年、顧客ソフトウェア戦略モデルチェンジの背景において、継続的な損失を避けるために、デリバリー機能を備えた協力パートナー(中軟國際)は、顧客に向けてHBデリバリーを獨自に引き受け、顧客満足度を向上させる必要がある。


            ビジネスチャレンジ

            • HB課金システムは、オペレーターのコアサポートシステムで、非常に重要である。

            • 電信グループの課金仕様は厳しく、テーブル構造までに細分化され、バージョン機能は他のオペレーターが再利用できません。カスタマイズされたバージョンの投資が巨大である。電信省會社は課金への投資が限られていますが、顧客のサービスコストは年々上昇し、赤字狀態に直面しています。

            • HB現在のシステムバージョン開発チームはアモイに位置して、遠隔管理が必要です。また、省ごとにバージョンが異なり、保守性が低く、メンテナンス投入が巨大です。

            • 顧客の投資は限られていますが、電信訴求は絶えず向上し、顧客満足度は直接影響を受け、顧客のブランドイメージに影響を與えます。


            中軟國際ソリューション

            • 中軟國際は迅速にチームを結成し、人力コスト及び電信投資の予算に基づいて、顧客と協力の枠組みを締結し、中軟國際は満足度、デリバリー內容、品質に対して責任を持って、顧客はビジネス段階のみを擔當します;

            • 中軟國際は、元のHB製品開発と第一線のサービス擔當者を完全に統合し、デリバリーのスムーズな移行を確保しま;

            • デリバリー経験を迅速に総括し、軽量級ISD、ITR管理プロセスを出力し、言語及びデリバリー品質において顧客要求基準と整合する。

            • 専門家の案內計畫を配置し、高層のインタラクティブを行い、定期的に顧客を訪問して、顧客の期待を理解し、直ちに解決します。


            プロジェクト業績

            • 2016年には、定期的な需要の長期滯積を解決するために、時間と品質に基づいて、くつかの重要なテーマプロジェクト(流量がクリアされず、課金X 86化など)をデリバリーしました。

            • 2017年に、専門家を配置し、顧客計畫を積極的に指導し、満足度を徐々に向上させました。三省は3000萬投資する予定です。

            為了更好的體驗,請使用豎屏瀏覽