<del id="ydbda"><small id="ydbda"><optgroup id="ydbda"></optgroup></small></del>
    1. <th id="ydbda"><video id="ydbda"><span id="ydbda"></span></video></th>
    2. <nav id="ydbda"><video id="ydbda"><span id="ydbda"></span></video></nav>

            西安ハイテクゾーンクラウド?ソフトウェア?プラットフォームプロジェクト

            顧客紹介

            西安ハイテク産業開発區は、1991年に國務院の最初批準を経て設立された國家級高新區、中國が確定した6つ世界一流科學技術園區を建設するための一つ、中國自主的イノベーションモデル區、全面的なベーション改革試験先行區と中國(陝西)自由貿易試験區の核心區域である。

            西安ハイテクゾーンは、ソフトウェアと情報サービス、半導體、スマート端末、バイオ醫薬の四つの千億レベル産業群を形成おり、ソフトウェア情報サービス産業は主導産業として、「大西安」を振興、デジタルシルクロードを主導の中でリーダーシップの役割を果たしています。


            プロジェクト背景

            古代シルクロードの出発點として、「ベルトとロード」政策の提案により、西安はシルクロード経済ベルトの新たな出発點に再び立つことができました。2017年、內陸タイプ改革の新高地の建設を加速させるために、西安ハイテクゾーンは、5882戦略を立ち上げて、すなわち、5つの主要な方向性をめぐって、八個百億レベルの強基工事を実施し、八個千億レベル産業クラスターを構築し、二つの兆レベルの目標を達成します。その中で、有名なソフトウェア都市の建設をガイドとして、千億レベルのソフトウェア情報サービス業とイノベーション創業クラスタを構築することが更に重要である。


            ビジネスチャレンジ

            園區企業間の情報共有とコミュニケーションには大きな困難があり、結果として多くのリソースの浪費が生じます。園區內の企業の発展は不均一で、経済発展はリンケージを生み出すことができない。企業ビジネスの拡大には一定の困難があり、拡大の範囲は比較的に限られています。

            中軟國際ソリューション:中軟國際クラウド?ソフトウェア?プラットフォームは、ジョイントフォースソフトウェアクラウド生態プラットフォームに頼って、実體園區の補充と延長として、園區運営と深い結合することによって、ソフトウェア企業を中心要素にして推進し、インターネットの方法と手段を十分に活用し、園區企業が大きくすることを助け、ソフトウェア情報サービスとイノベーション創業クラスターの発展を促進し、関連産業生態発展を推進します。クラウド+クラウドソーシングの方法を利用し、ジョイントフォースでオンライン商機を園區企業に押し上げて、園區內外、オンラインライン下、企業間の協力と取引を実現し、雇用主からサービスプロバイダーまでの全ライフサイクルを開きます。

            ジョイントフォースプラットフォームは全國的な資源をカバーし、西安クラウド?ソフトウェア?プラットフォーム企業が全國的な市場拡大とビジネス機會情報を取得するための強力なサポートを提供します。


            プロジェクトハイライト

            二輪駆動 雙方向エネルギーの形成:クラウド?ソフトウェア?プラットフォームと実體園區の連動により、企業の迅速な進出サービスを開通し、プラットフォームビジネスチャンスのディスパッチ、生態協力、オンライン開店、マーケティング普及、トレーニング賦能などの権益を楽しむことができます。企業の能力向上とチャネル開拓を助け、園區と企業の両方に対するエネルギーの形成を実現します。イノベーション、統合、開発:ジョイントフォースプラットフォーム「インターネット+ソフトウェアサービス」のエコモデルによって、さまざまな産業の統合とイノベーションを促進し、西安の産業構造のモデルチェンジを加速し、ジョイントフォースプラットフォームを使用して、モノのインターネット、ビッグデータ、知能化製造などの産業クラスターと人材の集成効果を高め、品質向上の新たなエンジンを形成します。


            顧客評価

            クラウド?ソフトウェア?プラットフォームの定住式には、西安ハイテクゾーン管理委員會、西安産業情報委員會、西安ソフトウェアパーク開発センター、陝西ソフトウェア産業協會の関連リーダー、および西安ハイテクゾーンにある300社以上ソフトウェア企業の代表が出席しました。

            ハイテクゾーンは、中軟國際と協力して、園區內のソフトウェア企業にサポートを提供し、ソフトウェア企業がビジネスチャネルを拡大、インターネット+時代の企業向けソフトウェア開発の人材を育成、西安のソフトウェア業界の全體的な品質を向上させるのに役立ちます。

            ——西安ハイテクゾーン管理委員會の副査察官李亜紅氏 大中規模のソフトウェア企業として、未來の國際はサービスプロバイダーの選択過程において、時間コストや支出コストが高いなどの多くのリスクに直面しています。ジョイントフォース‘多、速、好、省’のプラットフォーム優勢はちょうどサービスプロバイダー選別に対する問題を解決しました。將來的には、ジョイントフォースプラットフォームを通じて、より良いパートナーを集め、より多くのビジネスチャンスを獲得したいと考えています。

            ——西安未來國際情報株式有限公司ビッグデータ園區総経理欒龍源

            為了更好的體驗,請使用豎屏瀏覽