<del id="ydbda"><small id="ydbda"><optgroup id="ydbda"></optgroup></small></del>
    1. <th id="ydbda"><video id="ydbda"><span id="ydbda"></span></video></th>
    2. <nav id="ydbda"><video id="ydbda"><span id="ydbda"></span></video></nav>

            企業情報

            中軟國際有限公司は、2000年に創立され、業界トップのグローバルなソフトウェアおよび情報技術サービス企業の1つで、香港メインボード(株式コード354)上場會社であり、北京、西安、南京、深セン、上海、香港など28個都市及び米國、日本、インド、マレーシア、シンガポールなど國の18個都市に拠點を置き、全世界の従業員が6萬人を超えています。

            中軟國際はアプリ開発と管理の専門における豊富な経験を持って、企業デジタルモデルチェンジに関するベスト実踐と専門家の人材は十分です。弊社はファーウェイなどの戦略パートナーとともに、インターネット情報技術サービスプラットフォームを構築し、技術革新をリードし、産業効率を向上させて、ソフトウェア企業がサービス製造企業の開発、変革、アップグレードを主導できるようにし、政府および企業の顧客に「多?速く?優?省」な情報技術サービスを提供することに努めています。弊社は「誠実溫厚、志を立てて永続的なに、奮闘第一、顧客成功への協力、創造の分かち合い、共同成長」という経営理念を提唱しており、信頼できるエキスパートパートナーです。

            中軟國際は、フォーチュンのトップ500企業と大規模および中規模の顧客にサービスを提供してきた過去20年の間に、電信、政府、製造業、金融、公共サービスおよびエネルギー業界において驚くべき成果を得ました。 2017年、弊社の市場価値と生産額はどちらも100億を超え、すでに中國で最大のソフトウェアおよび情報技術サービス企業の1つになっている。

            展開信息

            コアバリュー

              • ビジョン

                世界トップレベルなITサービスプロバイダーを目指します。

              • 使命

                情報化によって進歩を促進することにをサービス提供します。

              • コアバリュー

                誠実溫厚、志を立てて永続的なに 奮闘第一、顧客成功への協力 創造の分かち合い、共同成長

              會社沿革

              • 2019
              • 2018
              • 2017
              • 2016
              • 2015
              • 2014
              • 2013
              • 2012
              • 2011
              • 2010
              • 2009
              • 2008
              • 2007
              • 2006
              • 2005年までに
              • 12月、中軟國際は北京、上海、福建、陝西である4つ省のファーウェイクラウド1級販売代理店の拡大で、すべての省で1位にランクされ、中國で1位にランクされ、ファーウェイ各地區の高度認可を獲得した。2020年に、深セン、江蘇、浙江の3つの主要地域が開設され、協力領域をさらに拡大します。

              • 12月、ジョイントフォース「クラウド?インプリメンテーション」と「デジタル中國サミット」の恒久開催地である福州市倉山區政府、桂林市政府、重慶市政府及び重慶両江新區、蘭州市政府は相次いで戦略協力協議を締結し、共同にデジタル政府「インターネット+ソフトウェア取引サービス」プラットフォームを建設し、都市の渉軟プロジェクトプロジェクト管理方法をアップグレード、各地のデジタル経済建設に助力します。

              • 12月、中軟國際はマレーシア有名な商業銀行と知恵金融プラットフォームの建設契約を締結した。會社は東南アジアの銀行でビッグデータ業務を開始しました。

              • 11月、ファーウェイは中軟國際年度サプライヤー発展評価を行い、會社の平均點は前の年度に比べて1.08ポイント上昇し、そのうち5次元評価は6ポイント以上で、SD計畫推進は著しい効果を取得しました。

              • 11月、深センビッグデータ資源管理センターとファーウェイが共同で構築した政務クラウドと安全運行メンテナンス一體化イノベーションプロジェクトが初テストに合格した。このプロジェクトにより、130以上委員局の資源を統一的に手配、資源配分が効率的な応答ということを実現しました。作業指示の承認期間が3か月から1週間に短縮され、政務効率が大幅に向上しました。

              • 11月、ジョイントフォースは中國ソフトウェア業界協會を代表して、ロシアソフトウェア協會と戦略提攜協議を締結しました。ジョイントフォースプラットフォームの國際版は中露ソフト革新協力のキャリアとして、中露デジタルの「ベルトとロード」の新たな旅を始めます。

              • 11月、會社は中國電力建設-華東測量設計研究所と戦略的協力関係を結び、両社が共同で構築した雄安電網デジタルプロジェクト管理プラットフォーム第1フェーズの結果は、多くの関係者から認められています?!∩睽互笾獝{園區産業連盟の最初メンバーになり、ヴァンケ、ロンフー、ブルーレイなどの大手不動産會社と連攜し、知恵園區協力の新しいモデルを模索します。

              • 11月、中軟國際の第一保育センターが深セン支社に設立されました。將來、この激勵政策が會社の各市內拠點で段階的に実行、従業員の適齢期子供たちに無料で開放され、最も人間化と専門的なサービスで子供に有益な心身の成長空間を創造するよう努力し、闘爭者に心配することなく開発環境を作る。

              • 10月、中軟國際はファーウェイクラウドと連攜し、コン鵬ベースに基づく軌道交通チケット業務クラウドサービス商品を発表し、都市軌道交通チケット業務の革新発展に強いサポートを提供します。

              • 10月、第3回グローバルプログラマデーで「數駆イノベーション 數リンク未來」ビッグデータ発展フォーラムを開催し、ジョイントフォースとイノトリーはビッグデータ、知識スペクトル応用などのスマート化分野で戦略提攜を達成しました。

              • 10月、會社は華東某地級市公安局ビッグデータ資源サービスセンタープロジェクトを落札し、警務大脳プラットフォームを完備させ、各種情報処理、ケース解決、市民サービス及び警務管理監督などの応用のために知能、リアルタイムのデータ中央プロセッサを作る。

              • 9月、ファーウェイ全連結大會の間、會社はファーウェイクラウドと連攜し、コン鵬プロサービス共同ソリューション、知恵銀行ソリューション、知恵店ソリューションを発表し、ファーウェイの「會社級ベストリーグパートナー」と「ベスト業界ソリューションパートナー」という二つの賞を獲得しました。

              • 9月、ジョイントフォースは済南市と契約し、「済南インターネット+ソフトウェア取引サービス」、「済南クラウド?ソフトウェア?プラットフォーム」、「済南ソフトウェア産業ビッグデータプラットフォーム」、「産業數融加速サービスセンター」など多くの分野で深度協力を展開する。

              • 9月、會社は青島港グループコンテナ埠頭の知能生産管理システムプロジェクトを落札し、青島港グループの知恵港建設を支援します。

              • 9月、會社は人力資源と社會保障部の「金保工程」第二期社會保険関係の移転と退管システム拡張プロジェクトを落札した。會社は2009年から國家社會保障デジタル構築に積極的に參加しており、第二期プロジェクトは毎年百萬人以上の異郷認証業務に助力します。

              • 8月、重慶両江新區にファーウェイ(重慶)人工知能イノベーションセンターを設置し、中軟國際とファーウェイ會社、重慶市経済と情報化委員會、重慶両江新區管理委員會及び他の部門と共同で調印し、重慶知能産業を加速させます。

              • 8月、「マイクロソフト2019年度パートナー賞」が発表され、中軟國際米國子會社であるCataputlt Systemsは世界115カ國、3000近くの立候補申請から選ばれ、5つの栄譽を獲得し、マイクロソフトの生態系のトッププレーヤーとなりました。

              • 8月、會社の9つ海外サービス案件がCITIF 201 9電子情報業界の「ベルトとロード」百案件に入選し、會社はCITIF「ベルトとロード」プロジェクト「優秀企業」メダルを獲得しました。

              • 8月、ジョイントフォースは長沙市、成都市と相次いで契約し、「クラウド?インプリメンテーション」に基づいて、情報化プロジェクトの全ライフサイクルのデジタル化、集約化管理を通じて、都市産業のモデルチェンジとアップグレードを主導します。

              • 8月、中軟國際はファーウェイクラウドの4つ?。ū本?、上海、福建、陝西)の1級販売業者の地位を同時に獲得した唯一のクラウドサービスプロバイダーになり、ファーウェイクラウドと市場方向の協力を更に深化します。

              • 8月、中軟國際は寧波で「2019中國校企合作ソフトウェア人材育成サミット(第10回)」を成功的に開催し、會議は政府、高校、企業との連攜、「人材戦略共同體」の構築方法について、大きな成果を達成しました。

              • 7月、第1回コン鵬計算産業サミットが開催され、中軟國際は「ファーウェイクラウドコン鵬凌雲パートナー計畫」に加入した最初のクラウドサービスプロバイダーとなり、ファーウェイとともにコン鵬計算産業生態を構築します。

              • 7月、中軟國際クラウド本部は深セン竜崗に定住し、龍崗と共に深セン新世代情報技術産業高地を構築する。會社は広東港澳大灣區の戦略計畫に溶け込み、クラウドインテリジェンス時代の開発方向をリードする上で重要な一歩を踏み出しました。

              • 7月、會社傘下の「寢る前Futurelab」が主催、中國青少年発展基金會、網易科學技術が連合主催、ファーウェイ攜帯電話の全行程戦略提攜の「未來杯」高校AIチャレンジ試合が円満に終了しました。百日間をかけて、5萬人近くが參加して、85個都市、221個大學をカバーし、國內AI分野で広範な代表性、専門性と権威性を持つ非商業化高校競技場を構築します。

              • 7月、會社はシンガポールの有名な電力企業にマイクロソフトPower Platformプラットフォームに基づくデジタル化転換応用を提供し、シンガポールのエネルギー業界におけるデジタル化転換の先駆者をスタートさせます。ブータンの有名なモバイルネットワーク事業者と提攜し、ファーウェイとのCo-Sellビジネスモデルの成功を示しています。

              • 6月、中軟國際が建設した北京大興國際空港スマートデータセンターシステムが承認されました??崭郅稳蹼娗閳螭入姎輽C械設備エンジニアリングの核心プロジェクトの一つとして、このプロジェクトはビッグデータ、AI、CEP、データ資産管理などの技術を融合し、世界知恵空港ベンチマークの構築を支援します。

              • 6月、ジョイントフォースは小iロボットと戦略提攜し、共同に人工知能専門區を建設し、AIソフト生態サービスを構築します。

              • 5月、上場されて以來最大規模の株主年次総會が香港で開催され、陳宇紅氏は、中軟國際が上場16年間、200倍の増加で業界平均を超え、將來、千億レベルのソフトウェアサービス企業になるには、クラウド変革のチャンスをつかむ必要があり、基石業務とデジタル業務を同時に重視、コンサルティングにより、IP及びソフトウェアの生態を構築、非線形成長を実現することを指摘しました。

              • 5月、中軟國際は中國ソフトウェア業界協會の認定を獲得し、「2019年度情報技術新工科産學研連盟會員機構」となり、資源を集めて新工科の構築を推進しています。

              • 5月、中軟國際は百度IDGの無人運転プロジェクトと戦略提攜契約を締結しました。

              • 4月、中軟國際とファーウェイは金融ビッグデータのスマートアプリケーションソリューションをリリース、金融分野におけるデータ収集と処理プロセスの合理化を実現し、エネルギービジネス価値を最大化します。

              • 4月、會社が建設を引き受けた済南市の軌道交通チケット自動販売、チェックおよび仕分けシステムと済南メトロAPPが同時にオープンし、済南R1ラインが全國で初めて顔認識ゲート技術を完全に利用できるようになりました。

              • 4月、會社は引き続きテンセントクラウドとの協力を深め、テンセントクラウドの厳格的な審査に合格し、公式指定區域サービスセンターになります。

              • 3月、中軟國際董事局主席兼CEOである陳宇紅氏は會社戦略會で「戦闘の2019で試練を受け、価値を明らかにし、『戦時ファーウェイ』の前進の歩みに追いつきます!」顧客を中心として、奮闘爭者に焦點を當て、言うことを必ず実行、品質、価値、意義のある100億を追求することを述べました。

              •  

              • 2月,解放號人力外包專區重磅推出,通過招聘全流程管控和人力資源增值SaaS服務,解決企業人力資源閑置,降低人力成本,專區全年累計發包額約3億元。

              • 2月、ジョイントフォースの人力外注専區が導入、採用全プロセス管理と人力資源付加価値SaaSサービスを通じて、企業人力資源のアイドル狀態を解決し、人件費が削減され、専區年間累計発注額は約3億元です。

              • 1月、中軟國際董事局會長兼CEOである陳宇紅氏は2019年中國ソフトウェア産業年會でスピーチを行い、「ソフトウェアの定義は米無しの炊事ではいけない」、「ソフトウェアの定義には適格なデジタル産業大軍が必要」などの見解を提案しました。ジョイントフォースプラットフォームは、ソフトウェアサービス市場の二側に「相互依存の信頼できる需給関係」を構築するよう努め、それによって、ソフトウェアアプリケーションの効果を本當に発揮させ、デジタル、インテリジェントを導入することを述べました。

              • 1月、中國ソフト協會、中軟國際、ジョイントフォースが共同で作成したT/SIA 009 - 2019「ソフトウェアサービスプロバイダー交付能力評価基準」が正式にリリースされました。ジョイントフォースと中國ソフト協會は共同で建設した中國ソフトウェア産業ビッグデータプラットフォームが正式にオンラインします。

              • 1月、北京市政交通共通カードの多年パートナーとして、會社は再びに認可を得て、都市管理ビッグデータプラットフォームプロジェクトを落札し、そして同年8月に北京市ビッグデータ応用試行モデルプロジェクト(第一回目)の稱號を獲得しました。

              •  


              管理チーム

                • 陳宇紅博士

                  中軟國際董事局主席、CEO

                  陳宇紅博士

                  中軟國際董事局主席、CEO

                  北京理工大學を卒業、工學博士號を取得しました。19916月から199610月までは、中國長城コンピュータソフトウェア會社の副総経理を務め、199611月から20004月までは、中國コンピュータソフトウェアと技術サービス本社の副社長を擔當、200312月に、中軟ネット情報技術高級副総裁と中軟資源取締役を務め、20004月以來、中軟國際有限公司の取締役、総経理、董事局副主席、董事局主席を歴任。


                • 唐振明博士

                  中軟國際高級副総裁

                  唐振明博士

                  中軟國際高級副総裁

                  北京理工大學を卒業、エンジン電子制御博士號を取得、高度研修センターの責任者で、ソフトウェア情報化業界で二十年以上の経験がある。199312月から19953月までは、米國W&P北京事務所に勤務し、事務所の主任を務め、19955月から20003月までは、北京理工大學産業本社に就任し、副社長を務め、20004月以來、中國軟國際副総経理、副総裁、高級副総裁を歴任。


                • 張崇濱先生

                  中軟國際高級副社長兼最高人事擔當役員

                  張崇濱先生

                  中軟國際高級副社長兼最高人事擔當役員

                  西北大學経済學を卒業、 1987年から1992年までは陝西省観光局で働き、1992年から1994年までは米國フェニックス醫療機器會社に首席業務代表を務め、1994年から1997年までは、中米合弁會社であるWeijiang Plastics Co.、Ltd. 西北支社副社長と社長をを歴任、1997年から1999年まではChongqing Three Gorges Liner Corporation社長を務め、1999年から2000年までは中軟賽博資源社長を務め、20004月以來、中軟國際副総裁、外注業務ラインCEO、高級副総裁を歴任。


                • 鐘鎮銘先生

                  中軟國際首席運営官

                  鐘鎮銘先生

                  中軟國際首席運営官

                  オーストラリアWollongong大學コンピュータ數學科を卒業、20年間のIT経験を持ち、主に政府、電信、金融などの業界のIT企業における顧客管理、サービス、技術と販売、品質コントロールと管理、プロジェクト管理と顧客サポートなどの仕事に従事し、グループに入る前に、1989年から1991年までは、政府財政部情報技術データベースの責任者を擔任、1991年から1995年までは、オーストラリア國防部海軍部情報技術官を務め、1996年から2005年までは、プロジェクトディレクターとしてAtos Originに勤務し、アジア太平洋地域の大型プロジェクトと大顧客管理を擔當。


                • 梁良斉さん

                  中軟國際副首席財務官

                  梁良斉さん

                  中軟國際副首席財務官

                  香港市立大學で會計學の學士號を取得、現在、香港公認會計士協會のメンバーであり、弊社に入る前に、徳勤?関黃陳方會計士行で5年以上勤務し、主に財務審査、內部監視報告などの仕事を擔當、財務會計、上場規則及び企業管理において十年以上の経験を持ち。


                會社栄譽

                • 2019
                • 2018
                • 2017
                • 2016
                • 2015
                • 2015
                • 2014
                • 2013
                • 2012
                • 2011
                • 2010
                • 2009
                • 2008
                • 2007
                • 2006
                • 2005年までに
                  • 2019年中國ソフトウェアおよび情報技術サービスにおいて包括的な競爭力を有する企業トップ100の中で10位にランク

                  • 2018年と2019年GartnerグローバルITサービス市場シェアトップ100に入選

                  • 2019電子情産業界の先頭企業

                  • 2019中國デジタルサービスおよびサービスアウトソーシング先頭企業

                  • 中國ソフトウェア業界協會の評価-AAA級信用企業

                  • 2019年電子情報業界「ベルトとロード」プロジェクト優秀企業

                  • 2019年デジタル経済イノベーション企業賞

                  • 2019中國ソフトウェア生態イノベーション賞

                  • 2019年情報技術新工學産業學研連盟のメンバー機構

                  • 2019年「ニューウェルス」評定で「ベストIR香港証券會社」に入選

                  • 2019年「金港股」評定で「ベストインベスターリレーションズ管理上場企業」

                  • 2019年アジア機関投資者5つの大賞を取得


                社會責任

                • 社會契約

                  社會情報化への貢獻 中國重大プロジェクトへ參加 投資家の信頼を勝ち取る 技術業界の連攜

                • 社會市民の責任

                  就業を促進 被災地の支援 教育への寄付 コミュニティ?ケア

                • グリーン?イノベーション

                  環境責任 省エネ?排出削減を促進 環境にやさしいスマート?シティ グリーン?ソリューション

                • 従業員への配慮

                  企業文化の創造と共有 イノベーティブな労働環境 ヘルスケア 楽しい中軟國際

                為了更好的體驗,請使用豎屏瀏覽